採用にあたっての想い

 人事担当役員 鳥居信吾


 

■株式会社カガミについて

弊社は従業員30名程度小さな会社ですが、創業から50年余り、ずっと映像制作の現場に在り続けてきました。

映像制作の現場に必要なのは、相手との信頼関係です。

撮影、演出、プロデュース、どのセクションを取っても信頼のおけるコミュニケーションがなければ、良い作品は生まれません。

それはどんなに小さな仕事をしていても、現場に居る人間なら同じです。

私自身、カメラマンとして現場に立ちますが、カガミの強みは「現場でのチームワークの良さ」だと思っています。

 

 


■就職活動をされる方へ

近年、放送業界で働くということはブラックなイメージもあり、あまりポジティブに考えられることがないかもしれません。

確かに大変な現場もありますし、深夜や早朝に動き出す仕事も多くあります。

ですが、「なぜこの仕事に就いているのか」を考えたときに、「やりがい」をあげる社員が多くいるのも事実です。

映像の仕事は一瞬を切り取り、それを見ている人にどのように伝えるか、であり、

その面白さをどれだけ多く見つけることができるかだと思います。

今は映像コンテンツも多様化しており、多種多様な表現方法がありますが、

テレビ放送される映像を作り出せる機会はそう多くはないと思います。

ぜひ、その面白さを一緒に探せる人に、来ていただきと思います。

 撮影部

 先輩社員インタビュー



 営業制作部

 先輩社員インタビュー